アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)

組織がアンコシャス・バイアス(無意識の偏見)へ取り組むべき理由[パクの視点]

公平性と客観性を確保することにより、特定の属性が優位になることを是正し、全社員が能力をフルに発揮できる組織を築くため。
そうすることにより

  1. 組織パフォーマンスが向上する
  2. 誰もが受容され、活かされる風土が浸透する(インクルージョン)

近年、ダイバーシティの推進において世界的に注目されているのが、アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)です。

1.アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)とは

無意識の偏見の定義は「自分自身が気づかずに持つ偏った見方・考え方」。偏見自体は悪くないのですが、しばしば望ましくない影響を及ぼし、ダイバーシティ推進を阻む主な要因の一つとなっていることが分かりました。
さらに詳しく

2.アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)ワークショップ・研修・講演

アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)への取り組みの第一ステップは、教育です。バイアス(偏見)への理解を深め、「無意識に対して意識で対応」することが重要です。
さらに詳しく

3.アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)eラーニング

全従業員にアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)の基本的知識を提供します。
さらに詳しく

4.Unconscious Bias(English)

さらに詳しく

講演・研修・コンサルティングのご依頼やご質問などお気軽にお問合せください。

お問い合せはこちら