アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)講演・研修

アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)ワークショップ・研修・講演

アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)とは、「自分自身が気づかずに持つ偏った見方・考え方」

近年、ダイバーシティ&インクルージョンの推進を阻害する主流要因のひとつとして、アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)が注目を浴びています。

アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)は、ダイバーシティが進む欧米で多くの研究がなされ、組織と人に望ましくない影響をもたらしていることがわかりました。

そして、ジェンダー、年齢、国籍、LGBTなど様々な偏見の影響を抑えるためにさまざまな取り組みが進むようになったのです。

その波は日本にも波及し、アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)施策は女性活躍やダイバーシティの推進には必要不可欠なテーマだとして認識され、その第一歩の施策としてワークショップや研修が実施され始めています。

ワークショップ・研修では、アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)とはどのようなものかを探求しながら、組織と人々にどのような影響をもたらし、さらにそれを乗り越えるために私たちは何ができるのかを考えます。

インタラクティブな進め方で偏見への気づきを促進し、多くの演習やディスカッションにより、参加者同士の意見交換を促進し、お互いに刺激しあいながら学びます。

アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)ワークショップ・研修・講演
*目的、参加者数、階層、御要望に合わせて講演・ワークショップ内容をご提案いたします。

概要【例】

目的:
  • アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)についての正しい理解を深め、多様な人材活躍へもたらすネガティブな影響と効果的な対応策を学ぶ
トピック:
  • アンコンシャス・バイアスが注目される背景
  • アンコンシャス・バイアスの基本
  • 自身の持つアンコンシャス・バイアスへの気づき
  • アンコンシャス・バイアスがもたらす影響
  • さまざまなアンコンシャス・バイアス事例
  • ダイバーシティの阻害要因となる理由
  • アンコンシャス・バイアスの影響を抑えるためにできること
  • 職場のアンコンシャス・バイアスを探求するグループワーク

グループワークでは、職場に存在するアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)についてディスカッションし、明日から実践できる行動を決めていきます。

特徴:
  1. 多くの演習やディスカッションにより、偏見への気づきを促す
  2. 参加者同士の意見交換を促進し、お互いに刺激しあいながら学ぶ
  3. 意識と行動変革の両面から、アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)を「体得」する

講演・研修・コンサルティングのご依頼やご質問などお気軽にお問合せください。

お問い合せはこちら