• ワーク・ライフ・バランス
  • ダイバーシティ(多様性)
  • テレワーク(在宅勤務)
  • その他
  • 読み物・日経コラム他

テレワーク(在宅勤務)

テレワーク(在宅勤務)の効果・メリット

「育児中の女性社員向け福利厚生」というイメージが強いテレワーク(在宅勤務)ですが、育児・介護中社員以外も対象に導入した多くの企業では、多面的なメリット(効果)がもたらされています。

テレワーク(在宅勤務)の効果

テレワーク(在宅勤務)の最も大きい効果といわれるのが、業務の効果効率の向上。在宅勤務時は人に声をかけられることや突発的な仕事依頼が少ないため、集中できる時間がオフィスにいる時に比べはるかに増え、それが業務効率や仕事の質の向上につながるのです。
このような「中断なく集中できるまとまった時間」は特に思考や創造力が必要な業務に携わっている人に適しており、それが海外では専門職・管理職の在宅勤務の利用者が多い要因ともなっています。

都市部では長時間通勤者が多いため、通勤時間の削減は社員にとって大きなメリットです。通勤時間の削減は肉体的のみならず精神的な健康も促進されると共に、ワークライフバランスの向上にもつながります。

また、テレワーク(在宅勤務)は震災や新型インフルエンザなどの非常時にも事業継続が可能になるため、近年では災害リスク管理の視点からテレワーク(在宅勤務)導入を検討する企業も増加しています。

今後期待される「活躍支援」効果

在宅勤務のメリットと期待できることに、出産後に職場復帰した社員の短時間勤務からフルタイム勤務への早期転換があります。
在宅勤務は通勤時間を削除することにより、長期の育児休業や短時間勤務の必要性を削減できるため、フルタイム勤務での復帰が可能になります。有能な人材の「定着支援」だけでなく、「活躍支援」をすることで、企業の成長や競争力強化につなげることができるのです。

◆ 業務の効率・生産性向上
◆ 社員の通勤時間の短縮と疲労削減
◆ 社員のワークライフバランスの向上
◆ 優秀な人材の確保と定着
◆ オフィスコストの削減
◆ 非常時の事業継続(BCP)

ダイバーシティ(多様性)
テレワーク(在宅勤務)
ワークライフバランス
その他

代表 パク・スックチャ

ワークライフバランス・ダイバーシティ・テレワークなど、多様な人材活用戦略のエキスパート

お問い合わせ

ワークシェアリング・ワークライフバランスに取り組む『株式会社エス・アイ』の公式ホームページ

姫路の観光・グルメなどのポータルサイト【はりまるしぇ】