• ワーク・ライフ・バランス
  • ダイバーシティ(多様性)
  • テレワーク(在宅勤務)
  • その他
  • 読み物・日経コラム他

テレワーク(在宅勤務)

テレワーク(在宅勤務)の課題・デメリット

単にテレワーク(在宅勤務)制度を導入するだけでは、期待するメリットは得られません。実施した場合、下記のような課題が多くの企業で表面化しています。

◆ 進捗状況などの管理が難しい
◆ 労働時間管理が難しい
◆ 評価がやりにくい
◆ コミュニケーション不足になる
◆ 情報セキュリティが不安

しかしこれらの課題は、関係者全員がテレワーク(在宅勤務)の正しい知識を身につけ、それぞれの役割と責任への共通認識を深めるための仕組み、情報と教育を提供することで効果的に対応できます。

在宅勤務を正しく理解すべき3ポイント

テレワーク(在宅勤務)制度の導入に際し、以下3ポイントをまず理解してください。

1. 在宅勤務には向き不向きがあり、全員に適している働き方でない
2. 在宅勤務に適したスキル・性格・環境などがある人が実施すれば、企業と社員へ多くのメリットがもたらされる
3. 企業と社員双方がメリットを得るウィンウィン関係を築くには、それぞれが果たすべき役割と責任がある

ダイバーシティ(多様性)
テレワーク(在宅勤務)
ワークライフバランス
その他

代表 パク・スックチャ

ワークライフバランス・ダイバーシティ・テレワークなど、多様な人材活用戦略のエキスパート

お問い合わせ

ワークシェアリング・ワークライフバランスに取り組む『株式会社エス・アイ』の公式ホームページ

姫路の観光・グルメなどのポータルサイト【はりまるしぇ】