• ワーク・ライフ・バランス
  • ダイバーシティ(多様性)
  • テレワーク(在宅勤務)
  • その他
  • 読み物・日経コラム他

会社概要

会社概要

会社名: アパショナータ
設立日: 2000年12月25日
代表者: パク・スックチャ
所在地: 〒108-0073 東京都港区三田5-1-12-406

代表者プロフィール

パク・スックチャ (Sook Ja Park)
代表&コンサルタント
専門:ダイバーシティ(多様性)・無意識の偏見
   ワークライフバランス・テレワーク(在宅勤務)

日本生まれ、韓国籍。
米国ペンシルバニア大学経済学部BA(学士)、シカゴ大学MBA(経営学修士)取得。
米国と日本で米国系企業に勤務後、日本に戻り米国系運輸企業に入社。同社にて日本・香港・シンガポール・中国など、太平洋地区での人事、スペシャリストおよび管理職研修企画・実施を手がける。
2000年に退社し、日本で最初にワークライフバランスを推進するコンサルタントとして独立。
同時に米国とアジアに精通したグローバルな経験を活かし、急速に進むグローバル化と複雑化する多様性への適切な対応に向けダイバーシティの専門家として、多様な人材マネジメントと受容的環境構築(インクルージョン)への意識・風土改革及び教育研修に携わる。
近年では「無意識の偏見/アンコンシャスバイアス」を日本で広めるべく、執筆、講演等の普及活動及び、組織での意識改革と行動変革に力を注ぐ。
企業にメリットをもたらす手法で進める在宅勤務導入コンサルティングで成功実績を出し、企業での在宅勤務(テレワーク)も専門とする。

・東洋大学「国際学部」ニューエリート育成アドバイザリーボード委員
・一般社団法人 企業研究会「ダイバーシティ&ワークライフバランス推進フォーラム」研究協力委員
・経済産業省「ダイバーシティ経営企業100選」サポーター
・経済産業省「企業活力とダイバーシティ推進に関する研究会」委員(2012年)
・公益財団法人 日本生産性本部 「次世代のための民間運動~ワーク・ライフ・バランス推進 会議~」推進委員(2012年~現在)
・第1回『ワーク・ライフ・バランス大賞』貢献活動分野での【特別賞】受賞
・厚生労働省主催「仕事と生活の調和推進モデル事業」委員

著書:
「アジアで稼ぐ『アジア人材』になれ」(朝日新聞出版)
「会社人間が会社をつぶすーワーク/ライフ・バランスの提案」(朝日選書)
共著:
「CSR「働きがい」を束ねる経営」日経CSRプロジェクト編(日本経済新聞社)

お問い合わせ

業務・サービスについてのご質問は、以下へご連絡ください。

ダイバーシティ(多様性)
テレワーク(在宅勤務)
ワークライフバランス
その他

代表 パク・スックチャ

ワークライフバランス・ダイバーシティ・テレワークなど、多様な人材活用戦略のエキスパート

お問い合わせ

ワークシェアリング・ワークライフバランスに取り組む『株式会社エス・アイ』の公式ホームページ

姫路の観光・グルメなどのポータルサイト【はりまるしぇ】